自然素材の家 デメリット

木の香りってどこからするのかなって考えてみました

新築の時に気の香りがするというのは
やはり木の切り口から香りがするのでしょう。

切り口がだんだん古くなるとそこからは香りはしないのです。

木造住宅の良さは呼吸するところだといいます。

昔の家は木材の柱に土壁でできていました。

100パーセント自然な素材でよさそうだけど、
断熱性能があまりないので冬寒かったでしょう。

自然素材だけどと昔に戻っちゃうみたいです。

エアコンや断熱材などのない生活には戻れませんから
エコだなんだって過剰な自然素材へのこだわりもどうかと思うのですが

肌に触れる部分は新建材でないほうが
空気を含んでいてやわらかく、温かみがあると感じるのですよね。

それはたぶん密度の問題だと思います。

パンのように表面に空気が含みやすい構造
木とか綿とかそれか発砲系の材料なんかは石やタイルのように
密度が高くありませんから

キンキンに冷えたりしない。

このキンキンに冷えない素材というのが
秋とか冬とかになると恋しくなってきます。

季節で都合のよいことを言い始めるのが人間らしいところです。

表面は自然素材で内部や断熱材は最新

外壁や屋根なども木とか瓦よりも耐久年数を気にしてしまいますね。

木の外壁材も風合いがあって捨てがたい。

それでも、風合いの良い自然素材を選びたい。

となると、塗膜とか塗装で耐久性を上げる方法でしょうか?

ライフスタイルブログが集まるブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




カテゴリー: ナチュラルハウス | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://netlifelink.mods.jp/2017/11/11/%e8%87%aa%e7%84%b6%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%81%ae%e5%ae%b6-%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/trackback/




PVアクセスランキング にほんブログ村