迷ったらタモの無垢材カウンター

無垢材のカウンターを造作で作るときは
タモのカウンターがおすすめ

タモというと木目が美しく色も癖がないので
無垢の家具と合わせやすいので気に行っています。

カウンターを選ぶときは縁を残すか残さないかで
だいぶ雰囲気が変わります。

ふちありは のたつき と呼ばれています

耳付きとかも言われますか?

端っこが自然な状態でく曲線になっている材料です。

これはモダンな家具と合わせようとすると
かなり癖が強いので端をカットすると

家具と合わせやすくなります。

このような感じで足つきで無垢テーブルも販売はされてます。

脚が4本よりもこのような形状のほうが
膝が当たらないからよいという人も多いですね。

私は個人的にはのたがないほうが好きなのですが
トイレの手洗いカウンターとかはのたありが圧倒的に人気みたいです。

カウンターを探しに行くときは一つはネットで探す
これは木目を選ぶことができません。

好きな木目に出会うためには地元の製材やさんにいくと
倉庫に案内してくれるのでお勧めです。

ただし予算を先に行っておくのがおすすめ

無垢材はピンキリなので勘違いされると
かなり高額な無垢材から紹介されちゃいます。

愛好家と勘違いされると下手なものを見せられないからです。

ですから、最初に予算とタモが好きって言ってみる。

タモはそんなに高い材料ではないですから
高額にはなりませんからね

ライフスタイルブログが集まるブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




カテゴリー: 家具の話 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://netlifelink.mods.jp/2017/11/14/%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%82%bf%e3%83%a2%e3%81%ae%e7%84%a1%e5%9e%a2%e6%9d%90%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc/trackback/




PVアクセスランキング にほんブログ村