Home > インテリア > アルネ・ヤコブセンのスワンソファがリビングに置ける時代
  • アルネ・ヤコブセンのスワンソファがリビングに置ける時代

    このソファーデザイン個性的で魅力的ですね。
    一目見たときにその違いを見せ付けられる青いソファ
    スワンソファと呼ばれるソファはアルネヤコブセンのデザイン
    アルネヤコブセンといわれれば聞いたことがある人も多いはず
    インテリア雑誌に必ずといって写真に載っている。
    セブンチェアやアリンコチェアが有名なところ

    そのアルネ・ヤコブセンがソファーをデザインすると
    こんなにも美しいデザインになるのかと
    ため息が漏れるようなフォルムです。

    モダンなインテリアは雑然としないすっきりとした部屋に
    このような美しいソファーを引き立つように配置すると
    それだけでモダンインテリアになります。
    壁や床やなどの装飾的なものよりも家具が大事ということ。

    スワンチェアが生まれたのはホテルのロビーに置かれるためで
    もともとは住宅用のソファーではありませんでした。
    コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにデザインされたもので
    エッグチェアと共にデザインしたのがこのスワンチェアといわれています。
    このデザインが家に置くことが出来る時代に生まれて
    幸せだと思います。

    青い色は心を落ち着けます。
    ソファーというゆったりリラクスする機能とあわせると
    ブルーのソファーというのは理にかなったものに思えます。
    風水では仕事運をアップするといわれているので
    仕事場の休憩ロビーなどにも最適でしょう。

    コメント(0)|2011年1月3日1:00 PM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


  • アルネ・ヤコブセンのスワンソファがリビングに置ける時代