つやが大事、ミッドセンチュリーのブルーの椅子

10年も前にヴィンテージのイームズを購入した。
ヴィンテージはFRP樹脂に塗装したもので
だいぶ塗装がはがれていてよい味だった。
確か中古でも5万ぐらいはしたと記憶している。
そのうちレプリカが出現して大分低価格で販売
かつての風合いと少しちがうものだった。
このジェネリックのイームズは
つやのある塗装をほどこしているので
ブルーの色をかつての風合いにちかづけている
ミッドセンチュリーで統一している人や
ブルーを貴重にしたインテリアをしている部屋に
ぴったりのアイテムだと思う

カテゴリー: 家具コメント(0)

  • sponsored links

  • 青いインテリア