カタツムリクリームの歴史

かたつむりが本当に効果があるのか調査してみました。

みるみるお肌が若返る!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

Archive for the ‘カタツムリクリームは南米で生まれた。’ Category

カタツムリクリームは南米で生まれた。

without comments

カタツムリクリームの生まれたところは韓国
韓国は女性が美しいのでその秘密をしりたいところ。

カタツムリクリームの生まれた韓国では
「タルペンイクリーム」と言われています。

カタツムリクリームは勧告が発祥とおもっていたら
実は違うんですって

カタツムリクリームの発祥はチリなんです。
カタツムリクリームのルーツは、
韓国ではなく遠く、南米チリ。

さて、なぜカタツムリクリームが
南米でうまれることになったのでしょう。

南米チリでは、食用のかたつむり養殖がさかんでした。
そのかたつむり養殖農場で働く女性の手が異常に綺麗だ。

誰が気がついたかわからないですけど
必要以上に手を触った人がいたのかどうか?

その発見がメディアで取り上げられたのがきっかけで
そこに注目した海外有名美容メーカーが、
このカタツムリの粘液成分に美しい肌になる秘密があるのではないかと
研究し始めたのです。

地元の女性は、
かたつむりの粘液が傷に効くということは昔から知っていましたが
カタツムリクリーム誕生のきっかけになったのは
そこに注目した人がいたからなんですね。

で、実際にはカタツムリの唾液に
肌を再生していく能力があることに気がついたわけです。

Written by admin

12月 27th, 2011 at 12:06 am