Home > 女性ホルモンと肌 > 女性ホルモンは40歳代あたりから急速に減少する
  • 女性ホルモンは40歳代あたりから急速に減少する

    ■女性ホルモンは肌トラブルと関係がある

    肌のハリがなくなったり、
    乾燥したり、シワ、たるみ、シミ、くすみ、
    吹き出物と言う様な肌トラブルは
    女性ホルモンが影響しています。

    ■女性ホルモン年齢とともに変化する

    女性ホルモンは40歳代あたりから急速に減少していきます。
    本格的にエイジング対策をしていく必要が出てくるのです。
    年齢とともに変化があるということですね。

    ■エストロゲンについて

    エストロゲンと言う物質は女性ホルモンの1つになります。
    卵巣から分泌されているホルモンになります。
    思春期には分泌量が増え、40代以降減少していきます。
    このエストロゲンが肌に関係がありそうです。

    ■エストロゲンは整理とも関係がある。

    エストロゲンはホルモンバランスが崩れやすい生理前後にも分泌、
    シミやくすみが出来やすくなってしまいます。
    くすみ対策をする場合はホルモンバランスを整える事が大事です。
    化粧品だけでなく女性ホルモンを整えることが必要ですね。

    ■ホルモンバランスもくすみの原因

    ホルモンバランスが崩れてしまうと
    メラニンを作っているメラノサイトと言った所が
    過剰に反応してメラニンを生成してしまうからです。
    紫外線だけがくすみやシミの原因ではないのですね。

    ■ホルモンは肌をコントロールする

    女性ホルモンは身体の状態だけじゃなく、
    心も肌もコントロールされているのです。
    女性の肌をコントロールしているのは女性ホルモンになります。
    肌は内部からコントロールされているのですね。

    もうオバさんなんて呼ばせない バイオ基礎化粧品b.glen

    コメント(0)|2012年1月4日9:53 AM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 女性ホルモンは40歳代あたりから急速に減少する