Home > 紫外線が当たるとしみが濃くなる

  • 紫外線が当たるとしみが濃くなるコンテンツ一覧

    紫外線が当たるとしみが濃くなる

    ■日焼けでメラニンしきそはつくられる

    日焼けなどの刺激でメラニンの生成が大体2週間は続く
    と言われていますので大変な事ですね。

    ■年齢が若いと新陳代謝も活発

    日焼けしても若い内は新陳代謝も活発に行われていますので
    メラニンがいくら作り出されても新しい細胞と入れ替わってくれます。
    年齢が若返ればすべてのシミは消えそうですね。
    でも年齢はかえられないです。

    ■年をとるとメラニン色素が抜けにくくなる

    年齢を重ねるにしたがって新陳代謝が衰えてきてしまい
    肌の細胞の代謝が活発化されなくなってきてしまいます。
    メラニン色素が抜けにくくなりそうですね

    ■メラニン色素がしみになる。

    メラニン等の古い細胞が剥がれ落ちずに
    肌の外側へ押し出されて留まってしまう様になるとシミになります。
    古い細胞を再生して何とかシミを消せないでしょうか。

    ■紫外線が当たるとしみがこくなる

    更にこのシミに紫外線があたってしまうと
    色が濃くなって目立つ様になってしまうのです。
    色が濃くなってしまうなんて大変です。
    対策をしないで放っておくと大変な事になってしまうのです。

    艶肌の秘密 バイオ基礎化粧品b.glen

  • 紫外線が当たるとしみが濃くなる