• 紫外線はコラーゲンを破壊する

    ■紫外線対策をしないとおこること

    対策を怠るとハリが失われ、たるみが起きる様になってきます。
    皮膚表面も凸凹した状態になりくすみの原因となります。
    紫外線を浴びることで肌の見栄えがどんどん悪くなるということです。

    ■紫外線はコラーゲンを破壊する。

    真皮にはコラーゲンやエラスチンと呼ばれる物質が有り、
    紫外線の中に有るA波は皮膚の奥にある真皮にまで届きます。
    それも破壊してしまう様になるのです。
    せかっくのコラーゲンも破壊されてはどうにもなりません。

    ■紫外線は肌を破壊する。

    紫外線の怖い所はメラニンを生成するだけではなく、
    皮膚細胞の遺伝子を壊してしまうところです。
    肌の遺伝子まで壊されると新陳代謝がしにくくなります。

    ■角質の再生を妨げない。

    角質のターンオーバーを遅らせてしまうと
    古い角質が剥がれ落ちずに角質が溜まっていってしまう様になります。
    結果的にくすみを起こす事になります。
    新陳代謝で新しい皮膚が生まれにくくなります。

    ■紫外線はくすみ・シミの原因になる

    紫外線を肌に当てると、
    肌の基底層部分に有るメラノサイトと言うところで
    メラニン色素が作り出されてしまいます。
    くすみやシミの延引になるのはメラニン色素ですね。

    ■紫外線を浴びると肌全体に黒く見える

    紫外線によってくすみが出来る様になってくると、
    肌全体的に黒ずんだり茶色っぽく見える様になってきます。
    小麦色の肌がよかった時代は昔の話です。

    ■紫外線対策をしないとくすむ

    紫外線対策を充分にしないでおくと
    シミやくすみの原因となります。
    紫外線の中に含まれているB波がメラニンを生成してしまいます。
    なにごとも対策と予防が必要なのです。

    ■紫外線対策をする。

    紫外線が強い時間は外に出る事を避ける、
    日傘や帽子を利用する等徹底する事が大切となります。
    外出時には日焼け止めは毎日付ける様にする、
    紫外線を当てない対策は簡単なところからスタートできます。

    浸透の実感!今までに体験したことがない効果の早さ。バイオ基礎化粧品b.glen

    カテゴリー: 紫外線は肌を破壊するコメント(0)

    くすみとしみの違い、しみは内部から

    ■くすみとしみの違い

    くすみは肌の表面から出ているのに対して、
    シミは肌の内部から現れてくる違いが有ります。
    くすみもしみもないに越したことはありません。

    ■くすみは血行不良でおこる。

    くすみは血行不良が起こったり、
    皮脂が酸化してしまう事で暗く見えてしまうのです。
    冷え性にくすみがおおいのがよく分かりますね。

    ■くすみは地肌の色で発見する。

    顔の色と首の色が違っていたり、
    髪の毛の地肌の色と額の色が違っていたりする等、
    隠れている場所との色の違いで
    発見することが出来ます。

    ■夜にくすむことがある

    肌の皮脂が酸化してしまう事で起こる事もあります。
    朝は良くても夜にはくすんでいる場合
    くすみが軽い状態の内に洗顔で化粧を落とす事
    まめなお肌のケアが必要になってきます。

    ■クレンジングをしないとくすむ

    クレンジングを充分に行わないと油分が肌に残ってしまい、
    酸化してしまって黒ずみ、くすみとして現れる事もあります。
    しっかりと汚れを落とすことで予防できるのです。

    ■くすみは放置しない

    くすみをそのままにしておくと、重度のくすみになってしまいます。
    洗顔だけでは取る事が出来なくなり、シミになります。
    くすみは早めのケアが必要です。

    セレブな奥様の美肌の秘密 バイオ基礎化粧品b.glen

    カテゴリー: くすみとしみの違いコメント(0)

  • くすみの原因と対策について
    4 / 512345