無垢の木材をつかった住宅が気持ちよい



知り合いの工務店が
無垢フローリングを納入したのですけれど
どうもお客さんが納得しない様子
ざらざら過ぎてもっとつるつるになんりませんか?とのこと
見るに見かねて手伝いにいきました

現場に行くとサクラのフローリングで
ムラもあって風合いはよかったのですが
ほんのすこし足のすべりが悪い
足で床を滑らせたときのフィーリングが合わなかったのでしょうね

さあどうしましょう
いったん床を貼ってしまった後の
表面の直しって難しすぎる!

たまたま無塗装だったので
まずはサンドペーパーで表面をなでて
それより細かくきめをそろえるのに
ぬかを布でくるんでぬか磨き
木の肌はすべすべで頬擦りできるほどの細かさになりました


能楽堂のヒノキの床を職人が磨いていたのを見たことがあって
それをそのまままねしたのですけどね


そのときの仕上がり検査方法というのが
たびを履いて(あくまでも靴下ではない)
部屋の隅から隅まで足で摺ってあるくのです
足の裏に意識を集中させて
気持ちよいすべり具合、凹凸がないか調べるのです

無垢材の命は足ざわりなのですよ



無垢の木材の床にねころがる。

無垢フローリングの程度って言うのは
顔をくっつけてもさらさらするぐらいの
ナチュラルな風合いの床がよい。

古くから地球にあって
人間の住まいの材料としてつかわれてきたもの

土の恵みや太陽の恵み
たっぷりと水を吸い込んで育った木は
そうしたゆったりしたエネルギーを
きっとたくさん蓄えているような

地震 災害 防災グッズ



無垢材の上を歩くとふんわりとあたたかいのを感じます
空気をたくさん含んでいるのが木のあたたかさ
合板ではそうはいきません

冷たい風合いは石のもの
一瞬で固まった素材

売れ筋美顔器



木材は何年もかけてできた年輪があるから
空気の多いところと芯になる硬い部分がある
それは人間が研究開発して求めているもの

硬い材料とやわらかい断熱層をなんべんも
お菓子やケーキのように重ね合わせてある
空気いっぱいに含んだ材料ですね






ナチュラルハウスのトップページ

natural house ! Copyright (C) 2010 ナチュラルハウス!製作委員会