Home > アート > 赤い木版画をインテリアにする。日下賢二の赤
  • 赤い木版画をインテリアにする。日下賢二の赤

    赤を中心にインテリアをそろえると
    壁にも赤いアクセントが欲しくなる。
    歌で言うと韻を踏むような感じで
    赤を部屋にちりばめていけば
    色がモチーフになってインテリアが統一感を持って
    引き締まっていくのである。
    版画自体にはあまりくどくなく意味がないほうが
    モダンなインテリアにはあうと思うが
    そこはやはり絵画なのである程度のメッセージ性はある。
    この版画は日下賢二さんの 連鎖  -赤- 
    日下賢二赤い版画が多いので赤いインテリアにあわせやすい。
    他の版画よりも絵柄がうす味なので
    インテリアには絵画っぽいものよりこっちのほうがよいでしょう。
    絵柄に主張があると他にインテリアとあわせにくくなるからです。
    他の赤い版画もあるので2、3点
    部屋や廊下などにちりばめてみてはいかがでしょうか?
    新築祝いにも使える価格帯だと思います。

    連鎖  -赤- 日下 賢二 木版画:Woodcut

    連鎖  -赤- 日下 賢二 木版画:Woodcut

    価格:7,350円(税込、送料別)

    コメント(0)|2010年12月29日10:45 AM

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • sponsored links

  • 赤い木版画をインテリアにする。日下賢二の赤