• sponsored links

  • おもちゃが片付くグッドデザインなインテリア術

    いたっなんでこんなところに子供のおもちゃが!
    おもちゃを踏みつけてしまって、
    なんで部屋の中に地雷があるんだ。
    そう思った人は少なからずいるはず。
    片付けるのにはおしゃれなインテリアが必要
    グッドデザイン賞のキャリーボックスがあれば
    なんでもどんどん入れ込んで
    ただおいておくだけで様になってしまう。
    またこの赤がキレイなんですね
    赤は勝負運をあげる色、ギャンブルにもつよい。
    赤いインテリアを集めている人も
    赤いインテリアに興味がない人も
    デザインが良くてインテリアが良くなって
    勝負に勝って景気が良くなるのは悪くない話だ。
    そして、おもちゃをもう踏むこともない。
    部屋がかたづくのはこうゆうBOXを
    子供に与えれば解消する。

    カテゴリー: おもちゃ箱,インテリア,グッドデザイン賞コメント(0)

    風水では赤いカーテンで勝負運をあげる。

    部屋のインテリアを赤でまとめたいとき
    もっとも大事なパーツになるのがカーテンの部分
    部屋の壁の多くの部分をカバーする色であるし、
    アクセントになる色でもある。
    だから同じ赤でもキレイな赤を選びたいところ
    さらに質感だがサテンの光沢を加えれば
    赤のキレイな色にサテンの質感が楽しめる。
    風水で赤い色は勝負運をあげる色
    風水にこだわらなくても明るい部屋になりそうなのは想像ができる。
    インテリアを明るくすれば心も明るくなるということ

    カテゴリー: カーテンコメント(0)

    一度みたら忘れられない、デザインやみつきの赤い豚

    一度みたら忘れられない、デザインやみつきの赤い豚、
    いまどき貯金箱なんてと思ったら
    目に焼きついて離れない。
    赤いインテリアで実用性のないものを探していたが
    これは貯金箱という機能も持っている。
    実際のところ貯金箱の機能はなくても
    ただこのデザインが部屋にあるだけで面白い。
    インテリアというジャンルは機能ばかり求めても良くはならない。
    だからあえてまったく意味のないものをおくことで
    個性的な部屋になって話題もつきないし
    自分の部屋らしさが生まれれば
    自分の部屋に帰りたいという願望が生まれるってこと
    どこにでもある部屋ではなく赤いインテリアに
    さらにアイテムを追加してみましょう。
    スカルの模様なんてありえない。。。。

    カテゴリー: インテリア,小物コメント(0)

    赤い木版画をインテリアにする。日下賢二の赤

    赤を中心にインテリアをそろえると
    壁にも赤いアクセントが欲しくなる。
    歌で言うと韻を踏むような感じで
    赤を部屋にちりばめていけば
    色がモチーフになってインテリアが統一感を持って
    引き締まっていくのである。
    版画自体にはあまりくどくなく意味がないほうが
    モダンなインテリアにはあうと思うが
    そこはやはり絵画なのである程度のメッセージ性はある。
    この版画は日下賢二さんの 連鎖  -赤- 
    日下賢二赤い版画が多いので赤いインテリアにあわせやすい。
    他の版画よりも絵柄がうす味なので
    インテリアには絵画っぽいものよりこっちのほうがよいでしょう。
    絵柄に主張があると他にインテリアとあわせにくくなるからです。
    他の赤い版画もあるので2、3点
    部屋や廊下などにちりばめてみてはいかがでしょうか?
    新築祝いにも使える価格帯だと思います。

    連鎖  -赤- 日下 賢二 木版画:Woodcut

    連鎖  -赤- 日下 賢二 木版画:Woodcut

    価格:7,350円(税込、送料別)

    カテゴリー: アートコメント(0)

    ミッドセンチュリーの赤いソファーで俳優気分になった

    ミッドセンチュリーのソファーを欲しいとおもった。
    映画館の上の部屋でハママイクが
    角川映画の主人公が暗い部屋で座っていた?
    ドラマの雑貨屋さんにあったやつ
    目で見て頭に焼き付けられているミッドセンチュリーのソファ
    洋服のファッションはすぐ変えられるのに
    なぜか家具はまだダサいままという人は
    衣食住をもっとおしゃれにするよう心がけよう
    インテリアを思い通りに出来れば
    思ったよりも満足感がえられるのは
    イメージの問題が大きい。
    インテリアでミッドセンチュリーを選ぶのは
    単純に自己満足といわれようが
    映画やドラマで見た世界に自分の部屋のインテリアを
    ちかづけたかったのだ

    カテゴリー: ミッドセンチュリー,家具コメント(0)

    貴族か!赤いアルネヤコブセンのエッグチェア

    これに座る人っていうのはなんだか高貴な感じ
    ミッドセンチュリーの中でも
    まったくチープさを感じない
    ゴージャスなつくり、デザイン
    ミッドセンチュリーが好きな人にはたまらないデザインだ。
    このデザイナーはアルネヤコブセン
    あれ、なんでこんなに安いの
    最近はデザインの権利が切れた椅子を
    ジェネリックとして販売している。
    だから10万以上した椅子も
    庶民的値段のインテリアになっているということ
    赤は勝負運の色だからこの椅子に座って
    パワーを充電してみようかな

    カテゴリー: ミッドセンチュリーコメント(0)

  • sponsored links

  • 赤色のインテリアを集めた
    2 / 3123