ウコンの成分と効果について

暴飲暴食、ダイエットに、うこんのいろいろな効果

ウコンの成分が病気の治療や予防に役に立つ

without comments

■ターメロンの効果

「ターメロン」には胆汁の分泌促進効果があります。
さらにサバなどの魚に寄生していると言われる
「アニサキス」の成長を抑えてくれる効果があります。
消毒の作用もあるのでしょうか?
ウコンの成分にはいろいろ潜んでいそうです。

■ジオネールの効果

「シネオール」には胆汁の分泌促進効果があります。
その他にも健胃作用や殺菌作用や防腐作用などがあると言われています。
物が腐らない効果もあるんですね。
ウコンは意外な効果の成分を持ってます。

■クルクモールは抗癌作用がある

「クルクモール」には抗ガン作用があります。
ガンの中でも特に「子宮ガン」に対して有効といわれています。
あまりしられていない効果ですね。
ウコンがそのような成分を持っていることすら知りませんでした。

■パラメチトルイルカピノールの効果

「パラメチトルイルカピノール」には
胆道の中にある胆汁を排出してくれる効果があります。

■アズレンは十二指腸潰瘍に効果がある

「アズレン」には「炎症」や「潰瘍」を直してくれる効果があります。
そのため「口内炎」や「胃の治療」「十二指腸潰瘍」に効能を発揮します。
内臓の内部や口内炎に効くなんて面白いですね。

■ウコンは肝臓を強化する

ウコンに含まれる成分の「クルクミン」には、
肝機能を強化する働きと、胆汁の分泌促進効果、利尿促進効果があります。
胆炎など肝機能障害に対して効能を発揮する有効成分です。
二日酔いに効く商品がコンビにでもおなじみですね。

■ウコンは薬局で説明できない

ウコンは医薬品ではないため店頭や広告表示などで、
ウコンが病気の治療や予防に役に立つと説明することはできないのです。
あくまでもウコンは一般の食品と同じなんですね。
こんなにいろいろな効果があるのに不思議ですね。

■ウコンは薬ではない

ウコンには様々な効能があります。
ウコンは様々な食事や生活シーンに登場しますが
薬ではないことを知っておいてください。

ウコンは長寿の薬にもなる

without comments

■ウコンは体のさびを落としてくれる。

ウコンには「活性酸素の除去」をする効能もあります。
生活習慣病や老化の原因のほとんどが
活性酸素による体内のサビにあると言われています。
年齢とともにさび付いた体には効きそうです。

■ウコンは熱帯・亜熱帯に分布している。

ショウガ科の多年草で、インドやタイやベトナム、
インドネシアといった熱帯、
亜熱帯地方に分布しているのが「ウコン」です。
しょうがのような形をしているんですね。

■ウコンはブームになっている

ウコンは日本でも沖縄でブームとなり
そこから全国的に有名になった健康成分です。
ウコンは世界中に様々な種類のものがあります。
スーパーやコンビにドラッグストアなどで
ウコンのドリンクや粒状のサプリメントをよく見かけます。

■日本でウコンは一部でしか栽培されていない。

高温多湿を好んで寒さに弱いので、
日本では沖縄と鹿児島のほんの一部でしか栽培されていません。
熱帯・亜熱帯で生息するので作れる場所は限られるのでしょう。

■ウコンは昔から肝臓の薬としてつかわれていた。

ウコンは昔から生薬として広く利用されてきました。
ウコンの主成分は「クルクミン」です。
「クルクミン」は肝機能障害などに有効な成分だとして注目されています。
お酒を飲む前や後に肝臓をいたわってウコンを飲む人も多いでしょう。

■ウコンは粉末で売られている。

そのため沖縄などでは粉末タイプで売られていて、
ウコンをお茶として飲んだり、
料理に使ったりと昔から民間薬草として使われてきました。
ウコンのちからなどのドリンクは宴会前や後には欠かせませんよね

■ウコンの根茎部分はカレー粉につかわれる。

ウコンの根茎部分はカレー粉や
たくあんなどを黄色く染める材料として使われています。
ウコンライスとインドカレーというのも見かけます。

■ウコンは種類がたくさんある。

ウコンには様々な種類があり、
世界中で50種類ほどあるそうです。
一般的に日本で使われているのは「秋ウコン」や
「春ウコン」や「紫ウコン」の3つです。
ガジュツウコンは健康食品として見られます

■ウコンは長寿の薬にもなる。

沖縄は長寿で有名です。
ウコンの効能が関係しているのではないかとの話もあります。
肝機能の回復だけではなくほかの効果もありそうですね。

Written by admin

1月 1st, 2012 at 10:38 am

ウコンは二日酔いだけでなく、老化防止に効く

without comments

■ウコンは老化防止に効く

クルクミンには活性酸素の除去効果があります。
そのため体内が酸化していくこと、
つまり老化していくことを予防する効果があるのです。

老化を防げるということは肌も維持できるということですね。

■ウコンは美肌と発ガン抑制効果がある

優れた抗酸化作用によって美肌効果、発ガン抑制作用もあると言われています。
ウコンの抗酸化作用はビタミンEに匹敵するほどの強い作用があります。

美肌だけでなくガンに効くなんて驚きです。

■ウコンは老化をおさえる

喫煙や老化によって増えてくる遺伝子の傷害を防ぐ効果もあるそうです。
ウコンの中にはクルクミン以外にも、
抗腫瘍作用や抗ガン作用を持つ成分が含まれています。

遺伝子が傷つくとガンになると言いますものね。
これは効果がありそうです。

■ウコンは胃と腸を丈夫にする。

ウコンの効能には「健胃作用」もあります。
ウコンには唾液と胃液の分泌を促進して、
胃腸の働きをよくする働きがあります。

内臓から健康になるのは理想的といえます。

■ウコンは十二指腸潰瘍に効く

この健胃作用で「慢性胃炎」や「胃潰瘍」や
「十二指腸潰瘍」の改善効果が期待できます。

ストレス社会に生きる私たちにはよい情報です。

■紫ウコンは胃の働きをよくする

多くの種類があるウコンの中でも特に春ウコンや紫ウコンの中に
胃の働きをよくしてくれる精油成分がたくさん含まれているそうです。

胃の働きがよければ健康維持が出来そうです。

■胃潰瘍の原因はピロリ菌

「胃潰瘍」や「十二指腸潰瘍」の主な原因が「ピロリ菌」で
あることが研究によってわかっています。

ピロリ菌を退治すれば胃潰瘍がさけられるということですね。

■紫ウコンはピロリ菌を消滅させる

紫ウコンを服用したらピロリ菌が消滅をして、
その後胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発も見られないとの話もあります。

十二指腸潰瘍の再発がしないなんて驚きです。

■老化防止に効く紫ウコン

紫ウコンの効能には血管や脳細胞に対しての「老化防止効果」があります。
また血液を浄化する作用があるので、
「肩こり」や「腰痛」の原因を取り除いてくれる効能もあります。

肩こりを内面からなくしていくのは新しいアイデアです。

Written by admin

12月 31st, 2011 at 6:19 pm